ブログ

ブログを始めたばかりの初心者にこそ贈りたいカンタンな記事作成の流れ

ブログって一つの記事を完成させるまでに、やる事がいっぱいありますよね。

始めたばかりのかたは、慣れない作業に戸惑っているのではないでしょうか?実は私もあまりの工程の多さに混乱してしまい、一つの作業に集中できなかったことがあります。

「次はアイキャッチを入れて、ああやっぱりタイトルつけようかな。本文はどうしよう?先にパーマリンクを……」

順番が決まっていないと、あっちでもない、こっちでもないと迷ってしまいがちです。
でも限られた時間で作業をする前から悩むのは時間が勿体ないと思いませんか?

せっかくブログを始めたのですから、少しでも多くの記事を世に送り出せたら良いですよね。そこで今回は特化ブログと雑記ブログを両方運営している私が、いつもやっているシンプルな記事作成の流れをお話いたします。
私の場合、流れを決めてからはサクサク記事がかけるようになりました。

あらかじめ基本の流れを決めて、毎日同じように作業すればもうアレコレ悩むことはありません。

そうすれば、今よりもっと記事作成が楽になるでしょう。
もしかしたら将来的には誰よりも速く書けるようになるかもしれません。

ためしに1週間だけやってみてくださいね。

すぐに読める目次

迷うことなくブログ記事を書くための簡単な流れ

  1. タイトル
  2. H2見出し
  3. 本文・文字のレイアウト
  4. 広告挿入
  5. アイキャッチ
  6. パーマリンク設定
  7. 更新
  8. SNS告知

全部で9STEPあります。正直多いですよね。でもご安心ください。
何度かブログを書くうちに慣れてきますので、難しく感じるのは最初だけです。

それでは実際に作業してみましょう。

記事タイトルはキーワードリストを組み合わせて作りましょう

サイト設計時にブログのテーマ・商材に合わせてリストアップしていたキーワードを優先順位順に記事タイトルにします。

実は記事を書く日に決めるのは、言い回しだけでOKなのです。
キーワードリストから抜き出した単語を2~3個組み合わせるだけで記事タイトルの完成です。

キーワードリストさえ作っておけば「今日は何を書こうかな?」とネタに困る事もありません。順番に消化していけばよいので迷うことなく作業ができます。

ブログ設計時に、キーワードリストを作っていないかたもご安心ください。
あとからいくらでも直せるのがブログの良いところです。
後日私なりのキーワードリストの作り方を記載いたしますね。

すぐに解決したい場合はgoogleが提供している「キーワードプランナー」でキーワードリストを作ってみてくださいね。

【2019年12月1日追記】
以前私は初心者にオススメしたいキーワードツールとして「Ubersuggest」をあげていましたが、仕様変更でサーチコンソールの情報を明け渡すことを許可しなくてはいけなくなってしまいました。これは個人的にはとても残念な変更です。
その為一番のオススメが「キーワードプランナー」に変更になりました。

それでは実際にタイトルをつけてみましょう。
キーワードの並び順や組み合わせを変えながら、印象的なタイトルをつけるのがオススメです。

キーワードリストにある単語が「いちご 育てる 水やり」がキーワードだったら、
私の場合「驚くほど美味しいいちごを育てるために必要な水やりの回数」とつけます。

キーワードに追加すると印象的なタイトルに進化させられる魔法の言葉たち

  • 書いている人の立場を表す言葉(例:弁護士がオススメする~・医師がえらんだ)
  • 読んで欲しい人について表す言葉(例:ブログ初心者にこそ読んで欲しい)
  • その記事を読む事で得られるメリットを表す言葉(例:副業ブログを成功させるための)
  • 感情を表す言葉(例:驚くほど・悲しい時こそ)

最低限気を付けたいタイトルを付ける際の注意点

  • 32文字以内にする
  • キーワードを必ず含む
  • 【】で囲まない

最初のうちはこれだけ気を付けていれば問題なし。
あんまり難しいことを考えたりこだわりすぎると疲れてしまいますよ。

練習をこなして上手になったらまた直せば大丈夫です。
あとから直せるのがブログの一番のメリットですからね。

そうそう。少し恥ずかしいのですが、私の失敗例も挙げておきましょうか。

実は私も最初は
【初参加レビュー】ブログ初心者が「A8Festival(A8フェスティバル)」に参加する3つのメリット【2019年パシフィコ横浜】

なんてタイトルを付けていました。

  • 文字数が多い
  • キーワードが分散している
  • 【】で囲んでいる

全部該当していますよね。

最初の頃にやってしまったミスは、リライト(記事を書きなおす)時に気が付くことができる「自分の成長の証」ですので落ち込む必要はありません。成長したなぁ。と自分を褒める材料にしましょう。

H2見出しを先に全部書いて記事の方向性をがっちりと決める

記事を書いているうちに当初予定していたテーマからそれてしまった事ってありませんか?楽しく書いている時ほど、あれもこれもと盛り込みたくなってしまいますよね。
まさに本文の迷走状態です。

本文が迷走してしまう悲劇は、H2見出しを先に書いてしまう事である程度さけられます。それぞれの見出しの中で、小さなテーマにあった内容を書けば良いので作業もしやすくなりますよ。

H2見出しの付け方は先ほど説明した「印象的なタイトルを付けるポイント」と同じです。キーワードリストから2~3語組み合わせて、自分なりのH2見出しを書いてみてくださいね。

ブログの本文はキーワードを置いて穴埋め的に文章をつなげば短時間で書ける

ブログの本文はH2見出しに合った内容にしましょう。

どう書き出したら良いか解らない時は、あらかじめH2見出しに含まれているキーワードを書きだしてみる事をオススメします。

記事本文にキーワードを先に書くメリットは大きくわけて3つ

  • 大切なキーワードを忘れずに記事本文に盛り込むことができる
  • 記事の流れをキーワード誘導できるので迷走を回避できる
  • ある程度画面がうまっているので気分が楽になる

キーワードを書き出して、並べ替えながら、穴を埋めるように文章をつなげば短時間で本文が完成します。

とはいえ、最初は慣れない作業にとまどうこともあります。
毎日の生活の中でブログ記事を執筆する時間を捻出するのも大変でしょう。

もし時間がないのであれば「本文にキーワードを打ち込む」だけでも終わらせてみて下さい。きっと、あとで続きを書くのが楽しみになりますよ。

もう少しで完成しそうなパズルって、ついつい完成させたくなりませんか?
その状況を自分で作り出すというわけです。

ブログ記事が完成したら最後まで声に出して読んでみましょう

  • 誤字脱字はないか
  • 読んでいて詰まってしまう部分はないか
  • 小学生が読んでも理解できる内容になっているか
  • 内容はH2見出しの通りになっているか
  • キーワードは盛り込めているか
  • 同じ語尾が連続していないか(例:~ですよね。が連続するとちょっとしつこい等)

これだけ守れていればひとまず完成です。次の作業にうつりましょう。

文字の装飾に合わせて文章を変える事もありますので、こだわり過ぎは禁物です。
繰り返しになりますが、後からなおせます。

まずは完成してアップすることを目指しましょう。

迷いがちな文字の装飾は自分ルールの通りにサクッと終わらせる

かなりブログ記事の本体部分ができてきましたね。

キーワードは埋めたので、そのままアップしても問題ないです。
ある意味もう完成と言っても過言ではありません。

でもせっかく素敵な文章を書けたでしょうから、沢山の人に読んでもらいやすい記事になるように文字を装飾しましょう。

毎回「どういうレイアウトにしようかな?」と考えていると時間がいくらあっても足りませんので、あらかじめ自分ルールを決めておきましょう。

読む人に優しいブログ記事の装飾イメージ

風邪で学校を休んでしまった好きな人に、数学のノートを貸す

くらいの優しい気持ちで見やすく装飾しましょう。
「この人のノート綺麗だな」と思って貰えるのが理想です。

まちがっても7色マーカーで塗りたくったり、シールをべたべた張ったりしないはずです。

私なりに守っている見やすい6つの文字装飾のルール

  • 漢字が連続したらひらがな、カタカナに変える
  • 長い文章は箇条書きにする
  • 比較したい時はシンプルな表を作る
  • マーカーは1色まで
  • 見出しの形はH2・H3ともに1種類ずつ
  • 読みにくい部分があればH3見出しも活用する

人それぞれ好みがありますが、私が守っているルールは6個あります。

特にマーカーの色を使いすぎると読みにくい印象になってしまうので気を付けてくださいね。数字を比較するときは表をいれてあげるなど、優しい気持ちが大切です。

装飾に関しても最初から最後まで終わったら、この作業は終わりにしましょう。
こだわりすぎると作業がすすまないのでサクサクいくのがポイントです。

記事をアップする前にもう一度確認しますし、後からいくらでも直せますからね。

どうしても心配な人は、1週間くらいたってから見直しましょう。
時間を空けてからのほうが、客観的に記事をチェックできますのでオススメです。

読者に邪魔に思われない程度の広告を貼る

この項目は広告を貼る人のみご覧ください。読み飛ばしてもかまいません。

ブログを始めて間もない頃は広告を貼りすぎてもクリックされません。

  • 記事タイトル下
  • 記事下

の2つくらいにとどめておくのが良いと思います。

アクセスが増えてきたら、様子を見ながら1つずつ広告を増やしていきます。

あまり貼りすぎると電気屋さんみたいにチカチカしてしまいます。
読む人の目を疲れさせてしまいますので注意が必要です。

広告も自分のページの装飾の一つ、くらいに考えて、見やすい記事を目指しましょう。

記事のキーワードのイメージに合わせてアイキャッチ画像を入れる

個人的には、ブログを始めたばかりの人はアイキャッチ画像にこだわりすぎなくても良いのではないかと思います。

確かに画像も検索エンジンに評価される項目の一つなのですが
「思うような画像が選べないから記事をアップできない」となると本末転倒です。

最初は、記事をアップすることだけ目指していきましょう。

私のオススメは「ぱくたそ」というフリー素材サイトです。
モデルの女の子や動物の写真が可愛いですし、ブログ用途で使えるように様々なテーマの画像がアップされているので便利です。

あとからいくらでも直せますので、デザイン系のブログでない限りは「ぱくたそ」のようなフリー素材から選んで時間や労力を短縮しましょう。

最初からすべてに対してこだわりすぎると、疲れて続かなくなってしまいますからね。慣れた頃に一つずつレベルアップしていけば大丈夫です。

初心者でもここだけは設定しておくべし。記事のテーマに沿ったパーマリンクの設定

将来的にカテゴリーの整理をするときに面倒なことになってしまいますので、記事をアップする前にパーマリンクを設定しておきましょう。

  • 記事のテーマに沿ったキーワード
  • 英語
  • カテゴリー名は含まない

上記の3つを守っておけば、わかりやすいです。
唯一後から直すと面倒な項目なので、ミスが無いかよく確認しましょう。

カンタンに最終チェック。ミスはあとから見つかるものと思っておく

プレビュー画面で最終チェックをしましょう。

  • コードのミスはないか
  • 読みにくい部分はないか
  • 誤字脱字は無いか

を3分くらいで確認。大体は更新した後にミスに気が付くものです。
当日はサラッと確認したらアップしてしまいましょう。

1週間くらいたってから読み直すと直したい部分がいっぱいでてくることはよくあります。これは誰もが通る道。

もし直したい部分を発見したら、記事をアップした日の自分よりも成長したという証です。落ち込む必要はありません。自分をいっぱい褒めるのが吉です。

誰よりも軽快に更新ボタンを押してブログ記事をアップする

記事が完成したら、更新ボタンを押しましょう。

この時

  • こんな下手くそな記事誰も読まない
  • アクセス少なくて無意味
  • 恥ずかしい

というような気持ちになるかも知れません。

そんな時は好きな曲でも聞きながら、サビの部分で更新ボタンを押しましょう。
興奮のあまり連打しないようにだけ気を付けて下さいね。

どういう記事が世間に受け入れられるかは、アップしてみないとわかりません。

こだわりを詰め込んだ記事が評価されず、適当に書いた記事が評価されることもしばしば。

アップしてから読者の反応を見て、修正を重ねることでより完成形に近づけるのです。
1日で完璧を目指す必要はありませんので、ご安心くださいませ。

SNSに記事をアップしたことを告知するときはキャッチコピーの練習のつもりで

ブログ記事を更新したことをSNS(Twitter・Instagram・Facebook等)で告知しましょう。

良く見かけるのですが、

  • 更新しました
  • 今日の積み上げ
  • ブログ書け

と、記事リンクを貼るだけだと、ブログに人を呼び込むことはできません。

フォロワーさんに毎日継続頑張っていることを伝える意味では良いのですが、より多くの人にブログを読んで欲しいと思いませんか?

フォロワーさんだけでなく、その記事を必要としている人が読みたくなるような宣伝の仕方を心掛けましょう。

SNSに記事の更新を告知するときに盛り込みたいポイントは2つだけ

魅力的なキャッチコピーの練習のつもりで

  • 記事のキーワード
  • 記事を読むと得すること

を限られた文字数の中で盛り込んでみましょう。

あまり反応が良くなかったら、1週間くらいたってから新たな宣伝文句でリンクを流してみることをオススメします。

たくさん練習するうちに、たくさんの人に注目される投稿が出てくるはずです。
その時は「どうしてこの投稿は反応が良かったのかな?」と分析してみましょう。

そして、次回から「反応が良かった原因と思われる要素」を盛り込んで呟いてみましょう。
繰り返していくうちに、自分なりの型が見つかるはずです。

型さえ決まってしまえば、あとはその型に当てはめて毎日行動すれば良いので作業がとっても楽になりますよ。

基本の流れを決めてしまえば記事作成は今までよりもラクになる

ブログを始めたばかりの初心者にこそ贈りたいカンタンな記事作成の流れは以上でおしまいです。

順番さえ決めてしまえば、計画も立てやすくなります。

やることが多すぎて、何から始めたら良いか分からなくなってしまったかたは
1週間で良いので「ブログを始めたばかりの初心者にこそ贈りたいカンタンな記事作成の流れ」を試してみてくださいね。

おそらく毎日決まった流れで作業するうちに、自分がやりやすい基本の流れが見つかるはずです。

基本の流れを決めてしまえば、毎日のブログ作業はもっとシンプルでカンタンになるでしょう。

まだ間に合う。2019年中にブログを始めるなら!
WordPressを始めるならエックスサーバーがイチオシです。
当サイト管理人も愛用中の高速・多機能・高安定の最強サーバー

エックスサーバー

管理画面がみやすく初心者にも使いやすい
サポートの回答が早くて丁寧
TOPのブロガーさんも使っているから安心して利用できる

せっかくなら少しでもお得に始めたい方に朗報
なんと全プラン
10日間の無料お試しつき!!